秋田や新潟など雪国、東北地方の方は美人で肌が綺麗な人が多いと言われていますが、どうしてなのでしょうか。当ページでは雪国の人が美白で美肌が多い理由を考察してみました。

日照時間が少ない

太陽光を浴びる時間は地域によって違います。雪の日や曇りの日が多いため日照時間が最も少ない県は秋田県です。ある年の数字では1,526.0時間しかなく、一番多い山梨県の2,183.0時間と比較すると秋田県が飛び抜けて少ないのが分かります。また、雪の日が多いので室内で過ごす時間も多くなり更に紫外線による影響がある少なくなりがちです。太陽光を浴びないと必然的にメラニンの生成も起きないので美白になります。また、紫外線は肌の老化を促進させます。紫外線を浴びないということはアンチエイジングの面から見てもとても重要なのです。

湿度が高いのも美肌にプラス

冬場は乾燥が気になる季節です。肌の乾燥は肌ダメージや肌トラブルの原因になります。雪国の冬場は雪が積もっているため湿度が一定以上に保たれやすくなります。そのため肌に優しい環境とも言えるのです。特に肌の保湿はエイジングケアにとっても重要な要素です。

紫外線対策や保湿対策は必須

スキンケアの基本は紫外線対策と保湿対策です。そのためには良質な日焼け止めや保湿ケア化粧品を使うことが重要です。保湿対策だけしっかりするけど、紫外線対策は全然やらないという人は肌にダメージが溜まってしまいます。

小まめに日焼け止めを塗るなどUV対策はしっかりと行いましょう。

保湿対策はこれでバッチリ

私は保湿対策としてアイムピンチという美容液を活用しています。これを使うようになってから乾燥知らずです。これを使う前までは粉を吹くことも多かったのですが、アイムピンチを使うようになってからはしっとりするようになりました。アイムピンチの効果や口コミを知りたい場合はhttps://www.superbabyface.com/

ここで確認することができます。